MENU

男性がいつも一緒にいたいと思う女性のコミュニケーション術

話をしていると時間が経つのがあっという間で楽しい人には、男女問わずまた会いたくなるものです。
そんなコミュニケーションが上手な女性は、男性を飽きさせることなくいつまでも魅了することが出来る上に、いつまでも大切にされる存在になれることでしょう。
会話は女性の魅力を十分に発揮できる一つの手段でもあります。
どんな女性が男性を魅了するのか、ここでは男性の立場にたって考えてみましょう。

 

自分自身の意見を持っている女性

消極的で恥ずかしそうな女性も最初は可愛いと思われるのですが、会話をしていく上でだんだんとつまらなくなってしまうのが男性の本音でもあります。
会話を楽しみたいと思う男性にとって、ハッキリ自分の意見を言っている女性には興味を持ちます。
相手の意見も聞いた上で、自分自身はこう考える、ということをしっかり言える女性は賢く映り、また会話をしてみたいと思われるのです。
但し語調が強い、意見を強要するというわけではありませんので注意です。
あくまでも自分自身の素直な感覚を明確に伝えられる女性という意味です。

 

相手の話は受け入れるが受身ではない

会話を続けたいと思われる女性は、相手の話をよく聞く人でもあります。
しかし、だからといって常にわかるわかる、私もそう思う、と同調すればよいという意味ではありません。
男性の意見や思いを聞いて一旦それは一つの意見として受け入れますが、その後に「私はこう思う」と言える女性には知性を感じさせるのです。
うんうんとうなずいているだけでは、誰にでも合わせているのかな、と思われてしまうだけです。
受身でない会話が男性に会話をすることの楽しさや、常に新鮮な感覚をもたらす事になります。
そして、もっとこの女性と一緒に時間を過ごしたいと思わせることにもつながるのです。

 

会話には質問力も大切

どんなに面白い話のネタを持っていたり、知的な会話ができる女性だとしても、常に自分が自分がと主に話すのでは、男性を疲れさせてしまいます。
そこで大切なのが興味を持って男性に質問する事。
例えば「私はこういう事をしてきて、○○に興味があるけれどあなたは?」と質問することで、男性側はこの女性は自分のことをもっと知りたいんだな、興味をもっているんだな、と嬉しくなり会話も弾むものです。
また、女性が先に自分のことを話した上で上手に質問することで、男性は女性が自分にある程度心を開いてくれているという安心感も持てます。

 

おわりに

嫌われたくないからととりあえず相手に話しを合わせておく、自分ばかりが話しの中心になる、というコミュニケーションではな2人の会話は成立しません。
会話はお互いが意見を交換して成り立つものですから、まずこの基本を頭に入れておき、会話でのコミュニケーションの中でも相手を思いやる気持ちを持ちましょう。
相手の話を聞く、自分の意見はしっかり言う、そして興味を持ったことは素直に質問する、このようなコミュニケーションが女性の知的さや可愛らしさを感じさせる大きな魅力になります。